んもぅ布団!

同人サークル「んもぅ布団!」のサイトです

入稿してきました・後編

さて、前回の続きです。
急用やら渋滞やらですっかり印刷所への到着が遅くなった私。
武蔵小杉の駅で歩いても歩いても出口は見えてこず、時間は刻一刻と過ぎていく!
果たして時間内に入稿して事が出来るのか!
長いホームを延々と歩いてようやく駅の改札を出たのが7時44分!
駅中で10分近くロスしちゃいました。
iPhoneの地図アプリの指し示す方向を頼りに急ぎ足で進み始めます。
テクテクテクテク歩いていると、いつの間にか曲がるべき道路を行き過ぎてる?
ああ、あそこの高架は鉄道じゃなくって陸橋か!
ちょっと戻って陸橋脇の道に入ってテクテク歩くとようやく綱島街道に出ました。
ここで、時間は19時50分!残り10分、距離は5分くらいかな?
迷わなければ着ける筈!でも、場所は街道沿いじゃなくって、一本奥に入ったとこなのよね…
しかし、これ以上は間違える事無くストレートに到着、時間は19時55分!!
ぎりぎり間に合ったっと思いつつ、店頭で看板を整理していたお兄さんに「時間ギリギリですみませんが、まだ受付けて貰えますでしょうか?」と声をかけると、ニコリとして「大丈夫ですよ」と中に通されました。
中は意外に広く落ち着いたスペースでした。
そこの窓口に案内され、担当のお姉さんを呼んでもらいました。
「時間ぎりぎりですみません」というとお姉さんも嫌な顔一つせず大丈夫ですよと言ってくれました。
では、先ずはデーターの確認をさせていただけますでしょうかとの事でしたので用意したUSBメモリを渡して、上手く印字がでるか気になっている部分などを伝えます。
「それではデーターを確認させていただきます」と言うとちょっと離れた場所にあるPCでチェック作業を始めました。
チェックといっても、原稿が所定の形式で保存されているか、解像度は合っているかなどをチェックするだけで、数分で終わると思っていました。
が、何やら細かい部分もチェックしているようで、なかなか作業が終わりません。時々確認で呼ばれては、ここは断ち切りでいいですか?、表紙の肌色影の部分にシアンが乗っている様なのですが、どうしますか?などと確認をされました。
結局確認が終わったのは45分くらい経った後でした。
今回の本は実質34ページなので、ページあたり1分20秒位かけてチェックしていただいた事になりますね。
その後に料金プランの確認に、もうその時点で20時40分を過ぎていたので割引適用されなくて仕方ないな、と諦めていたのですが、何も言わずとも割引を適用してくれました。
更にキャンペーンで明日までにデーターを送ってくれればフルカラーポストカードを30枚かB4のポスターを2枚出力サービスしていただけるとの事、うちはA3ノビまでは印字できるプリンターは持っているので、ポストカードのサービスをお願いしました。
そんなこんなを確認して、最終的に完了したのは21時近くでした。
100部という小口の客、しかもこんな閉店間際に来店したのに丁寧に対応していただいて、出るときには申し訳ない気持ちでもういっぱいでした。
小口の客にこんな時間をかけていて、コストは採算あっているのか心配になるくらいです。
次回もまた、ねこのしっぽさんに印刷はお願いしようと思いつつ武蔵小杉を後にしました。
ねこのしっぽ
最後、ステマ記事っぽいけど宣伝費とか受け取ってませんからね!ww
ねこのしっぽさん今回は本当にありがとうございました。仕上がりを楽しみにしています。
BEL-TREE

101
Return Top