んもぅ布団!

同人サークル「んもぅ布団!」のサイトです

けいほん!13 サークル参加レポート

どうも、BEL-TREEです!
3月24日に仙台にて開催されました「けいほん!13」にサークル参加して来ましたので今回はそのレポート前編です。
「うんたん♪うんたん♪8」と「けいほん!13」は古本屋さんとの合同で「古布団!」としての参加でしたが、元々は仙台での参加どうしようかねぇ、共同で出展で一緒に行けば経費少し抑えられますよね?という所あたりが話しの出発点だったので、ある意味この「けいほん!」が「古布団!」としての本番でありましたw
集合は23日の24時に都内にて「古本屋」「んもぅ布団!」合わせて4名が集合、そこから車で仙台に向かいました。
仙台まで渋滞がなければ、高速道路の走行時間は約4時間、休憩を多めにとっても5時間半程度で到着します。
東京から豊郷までは高速の走行時間で約5時間と1時間位の違いなのですが、この1時間は体感的にはかなり違って感じますね。

ドライビングムギ小
道中、Twitterでsihoさんが上げてくれたドライビングムギちゃん。
ここまではアクティブにドライビングしてなかったと思いますw

道中は特にトラブルもなく順調に進み、予定通り7時前には仙台に到着しましたので、車を止められるファミレスを探して一休みしました。そうそう、トラブルは有りませんでしたが、ckstさんが出発前にマックで夕食を、途中のSAでラーメンを、到着後のファミレスで軽く朝食を食べて健啖ぶりを発揮したことは書いておきましょうw

仙台01小
仙台の街はあいにくの曇空でした。

現地に着いて、まず会場である仙台AERの大きさに驚かされました。
建築当時東北一の高さだったとは知っていましたが、実物見るとやっぱり大きいですねw
全員で荷物を持って駐車場から上がり、開場を少し待ったあとにセッティング開始です。
今回は2サークル合同という事で、いつもの倍のスペースを確保していますから飾り甲斐があるというものです。
まず、テーブルへの引き物ですが、テーブル上は春を意識して、桜吹雪模様の布を、そしてテーブル前にはプライズの大きなけいおん!テーブルクロスを垂らしました。
このテーブルクロス横が190cm有りますから、2スペース分でようやくちゃんと飾れるんですw

設営途中小
2スペース分なのでいつもより広い!

頒布物は新刊が1つと委託本が3つ、そして既刊が4つと過去最大の8種類となりました。
この中である意味目玉は委託のデニールブラザーズ新刊「唯先輩のタイツ本」ですた!w
これは、先週うんたん♪後の打ち上げで発行が決まってしまった本で、古本屋のヒロアキさんがかなりの部分を1週間、1人で造り上げた本です。
その内容は唯先輩が愛用しているおタイチュへの愛とフェティシズムに溢れており、中野さんも大満足な一冊でした。
これは「けいほん!13」限定配布なのがちょっと勿体無いですねw

タイツ本小
ヒロアキさん、結崎さん、ckstさんのデニールブラザーズによるタイツ本!

本を並べ終わったら、あとはうちでは恒例のフィギュアを並べて終了です。
今回はサークル入場から一般開場まで1時間位でしたので、結構ギリギリまで準備にかかりました。

スペース完成小
完成したスペース

開場しても、さすがに東京などのイベントに比べると出足は一般参加者の出足は鈍かったです。これは、主催のSDFさん自体が東北での即売イベント開催は初めてで知名度もあまり無かったでしょうから仕方ないです。
その中でちょっと不思議だったのは、比較的出足が良かったのが新刊ではなく、既刊のfigma写真集の2冊だった事です。
この時点で、あっやっぱり来て頂いているファン層の嗜好が微妙に違うのかなぁと思いました。

花見風小
お花見風に飾ってみました

もっとも、この写真集に関しては書店の通販で委託に出したときよりも、即売会で頒布したときの方が圧倒的に反応良いのです。
これはフィギュア写真集というジャンルそのものが同人誌としてまだ確立したジャンルではないという事もあって、実物を見てみないと、どんなものかピンと来ないという事なのかもしれません。
一日通して特にピークという様な忙しさもなく、まったり進行でしたがその分他の参加者の方々とはいつもより交流できて、その面での収穫はあったと思います。
13時頃になるとブロックボードが回ってきましたので、ckstさんに描いてもらいましたが、その後なぜかもう1周回ってきまして、私も描かされましたw

ボード01小 ボード02小

アフターイベントの景品には「うんたん♪うんたん♪」と今回使用したA1布ポスターを出品し、欲しいと手を挙げてくださる方が結構いらっしゃったので、ほっとしました。
そんな感じで今回のイベントはまったりとした雰囲気の中終了しました。
そして、イベント自体は終了したのに、このレポートはなぜか後半に続きますw

123
Return Top